Posts Tagged ‘Uncategorized’

Grandia Online commercial service start!

Tuesday, September 8th, 2009, posted by ronniec

冒険活劇オンラインRPG『グランディア オンライン』が2009年8月26日より正式サービスを開始した。

 『グランディア オンライン』は、家庭用ゲームシリーズ累計販売本数200万本を超える『グランディア』シリーズの最新作。基本プレイ無料(アイテム課金方式)のオンラインゲームで、強力な連携・コンボ攻撃ができる「アルティメット アクション バトル システム」、精霊石を装着して装備品を自分好みにカスタマイズできる「精霊石システム」、50種類以上存在する称号をプレイヤーキャラクターにつけて個性を持たせることが可能な「称号システム」などが特徴となっている。正式サービス開始に伴い、ゲーム内ショップ「GRANDIA MALL」で購入できる課金アイテム「プレミアムアイテム」や、ランダムでゲーム内アイテムが当たる抽選くじ「グラオンくじ」も利用できるようになる。

 そして正式サービス開始を記念して、キャンペーンがスタート! キャンペーン期間中、『グランディア オンライン』のゲームアカウントを登録するだけで、プレミアムアイテムを購入できるShop Poinが1,000ポイント分プレゼントされる“1,000Shop Point プレゼント! おトクに始めちゃおうキャンペーン!!”など4つのキャンペーンが8月26日よりスタートする。イベントの詳細は、『グランディア オンライン』公式サイトの更新をチェックしよう。

Grandia Onlne official site:
http://www.grandiaonline.jp/

GungHo’s Hokuto no Ken Online (Fist of the North Star Online) Gets Major Revamp

Monday, March 23rd, 2009, posted by ronniec

Hokuto No Ken is now Hokuto No Ken Online Heroes


At a recent press conference (March 14th 2009) in Tokyo’s Akihabara district, BigWorld customer GungHo Entertainment revealed details of a major overhaul of the popular online game title ‘Hokuto No Ken Online’ [Fist of the North Star Online].

The update is scheduled to be available for download from the middle of April ‘09.

Four new major gameplay systems were unveiled:


・Hero System
Once per day, a player character selected at random will have the chance to become a Hokuto No Ken Hero – with extra abilities and powers to go with it!


・Crime System
Players can now enjoy various criminally inclined activities around the world of Hokuto No Ken. Steal a motorbike, and rampage through the city.


・Buddy System
Characters from the original “Hokuto No Ken” manga work together to achieve their aims.


・一撃必殺! 「一指奥義(ひとさしおうぎ)」
Hmmm – your translator has no clue what this means! Looks fun though – will get back to you shortly :-)

Anyway folks, will keep you updated on all things BigWorld in Japan and Korea.

『北斗の拳ONLINE』が「北斗の拳ONLINE HEROES」に完全リニューアル

Monday, March 16th, 2009, posted by ronniec


3月14日東京秋葉原UDXシアターにて、「北斗の拳オンライン」の大型アップデートが発表された。 アップデートは3月下旬~5月まで徐々に実装される予定だ。

新システムとして大きく4つの要素が加わる。


・ヒーローシステム
 一日一回ランダムでプレイヤーの誰かが「北斗の拳」のヒーローキャラクターに なれる。ヒーローに合った「スペシャルな技」を発動できる。


・クライムシステム
 停めてあるバイクを盗んで乗り回すことができる。リヤカーや箱など街中の物を 破壊したり、村人などのNPCを殴ることができるようになるなど「悪党を選択した ユーザーはより「悪事」を満喫できるようになった。


・相棒システム
 原作漫画「北斗の拳」に出演するキャラクターや動物を「相棒」として一緒に行 動することが可能になった。


・一撃必殺! 「一指奥義(ひとさしおうぎ)」
 「奥儀」発動時に画面の「一指奥儀」ボタンアイコンで更に強力な技にすること が可能になった。これは新課金アイテム「一指奥儀(ひとさしおうぎ)」を購入 すると、低レベル帯のキャラクターであっても強力な「奥儀」技を発動できるよ うになる素敵な仕様だ。

今回の大幅アップデートは,どれもユーザーから要望の多かった要素の追加/変更とのことで,それを受けた形の大きな変更となる。ユーザーの声で生まれ変わる,新しい北斗の拳ONLINEに期待だ!

English summary will be updated soon.

BigWorld at GDC 2009

Friday, March 6th, 2009, posted by skg

from the See you at GDC dept.

BigWorld is attending GDC this year, North Hall at booth # 6233, showcasing the upcoming release of BigWorld 2.0, including numerous architectural and procedural improvements to the technology suite. CTO Mr Simon Hayes, and VP Gavin Longhurst will also be attending. To set up a meeting time – please email ‘appointments’ at bigworldtech.com to secure time with our staff. See you at the show!”

BigWorld 将参加今年的 GDC, 在美国旧金山

Thursday, March 5th, 2009, posted by admin

BigWorld 将参加今年的 GDC, 展台为北大厅 6233号, 到时将展示即将上市的BigWorld2.0 版本,包括许多建筑和程序技术套件的改进。CTO Mr Simon Hayes 和 VP Gavin Longhurst 将会出席。 如需安排会议-请email 至 appointments ‘at’ bigworldtech .com 与我们的员工确认时间。 在展会上见!

GDC2009出展いたします。

Thursday, March 5th, 2009, posted by ronniec

ビッグワールドは今年もGDCに出展いたします。 北ホール6233番ブースにて更に進化をとげた最新版のBigWorld2.0を発表いたします。最高技術責任者サイモン・ヘイズとビジネス開発担当副社長のギャビン・ロングハーストがブースで皆様をお待ちしております。
商談をご希望のお客様は、appointments ‘at’ bigworldtech.com にお問い合わせいただき、ミーティング時間のご調整をお願いいたします。 皆様とお会いできることを楽しみにしております。

Guardian Tech talks Twinity

Thursday, January 15th, 2009, posted by skg

from the Passing mention dept.

Twinity.com, a German company that has already built a virtual Berlin, is building London from Soho towards Westminster and hopes “definitely” to go live this year. Its avatars, which will look realistic as you can transplant your own photo on to your face, will help it build up a strong Facebook-style community in 3D. This distinguishes it from the fourth virtual capital, Near London (NL), run by the media entrepreneur Alex Wrottesley, which doesn’t have avatars on the interesting grounds that they are not “you”, as you view them from a distance. In NL you navigate from eye level, as you do in life. Rivals say an avatar-less city won’t make a community – though NL will be linked to social networks such as Facebook. NL has easily the best rendition of buildings I have savoured, though I was only seeing a closed version. Which is not surprising because, unlike Twinity, which builds from existing databases, NL sends vehicles out into the streets using laser techniques to map buildings in very fine detail. And it can make them even finer if real-life owners request it. So that is four out of the five. Who is left?